大手サイト集 ~ブログ集比較、アクセスランキング比較・検索エンジン比較・サイト集比較~

国内の大手サイト集比較。ブログ集・アクセスランキング、ポータル、検索エンジンなど、あらゆる大手サイト集に飛べる便利サイト。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

検索エンジンとは?

 通常、「検索エンジン」といえばGoogleを指します。

 買ったばかりのパソコンの画面が自動的にYahooとなるなどの戦略で、検索エンジンをあまり使わない層は、YAhooの利用率が高いものの、顧客満足度の違いは歴然で、どう考えても、いろいろと調べ物をするには、Googleで複数ワードで検索をかけるのが一番効率がいいのです。Yahooはディレクトリ型エンジンなので、登録情報が少ないのが絶対的な弱点となり、この弱点は時間の経緯と共にどんどん顕著化します。
 ただし、この将来はあくまで将来であり、日本市場は先進国とは思えないほど、遅れて現実を受け入れる傾向にあります。我々は過去にも類似経験をしています。

 1990年代初め、コンピュータといえば“国民機”という異名を持ったNEC製PC-98001シリーズの事を指していました。そのシェアは90%を超える圧倒的なものでした。
 それが、IBM-PC互換のDOS/Vという規格が出現し、徐々に“国民機”のシェアは縮小していきました。
 しかし、DOS/Vが出現した当初は、日本市場の反応は冷ややかでした。国際標準であるDOS/V機を購入するのは一部のマニア層という状態が数年続きました。
 その後、Windows95の発売以降は、“国民機”は姿を消しNECでさえも国際標準機を販売するようになりました。

 この当時、私は織田原に任されて、所在地をアメリカとする無数のパソコン販売会社・無数の専門検索エンジン会社の経営に関わっていたので、「アメリカ市場の動向から考えても、“国民機”の終焉は時間の問題だ」と日本の経営者たちに説いて、取引先や子会社にはDOS/V機を勧めていました。
 しかし、その反応は芳しくありませんでした。もはや時代遅れの“国民機”を嬉々として使う人々が意外なほど多かったのです。
 一太郎とWORDのシェア争いも、似たような経過を辿りました。
 つまり、日本市場は一度ディファクト・スタンダード(事実上の標準)となった商品やサービスに関しては、盲目的な信頼感を置く傾向がある、ということです。
 そのディファクト・スタンダードが時代遅れになっても、しばらくの間はその神通力は薄れません。その法則を無視して、性急に新しい規格や新標準をPRしても、飛びつくのはマニア層だけです。ビジネスの鉄則は、売れる時期に売れる商品を揃える事です。時代遅れの商品でも、その需要があるうちは、それに対応しなくてはいけません。
 現在の日本の検索エンジン市場を眺めると、ディファクト・スタンダードは間違いなくYahooです。日本市場で広告・販売するなら、Yahoo対策を抜きには対処できません。

 上記のような経験から、私は短期間に日本国内市場でYAHOO!Japanの牙城が崩れることは無いと確信しています。しかし、長期的には逆です。いずれGoogleはYahooの弱点を嘲笑うように日本市場を征服するでしょう。検索エンジンを巡るシェア争いは、Microsoft社のMNSも含め、短期的には予想外の混沌が続く、と考えて下さい。

/井原
スポンサーサイト
  1. 2007/09/25(火) 08:50:45|
  2. 風呂具・部ログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

検索の世界最大手 シェア推移

 通常、「検索エンジン」といえばGoogleを指します。

 買ったばかりのパソコンの画面が自動的にYahooとなるなどの戦略で、検索エンジンをあまり使わない層は、YAhooの利用率が高いものの、顧客満足度の違いは歴然で、どう考えても、いろいろと調べ物をするには、Googleで複数ワードで検索をかけるのが一番効率がいいのです。Yahooはディレクトリ型エンジンなので、登録情報が少ないのが絶対的な弱点となり、この弱点は時間の経緯と共にどんどん顕著化します。
 ただし、この将来はあくまで将来であり、日本市場は先進国とは思えないほど、遅れて現実を受け入れる傾向にあります。我々は過去にも類似経験をしています。

 1990年代初め、コンピュータといえば“国民機”という異名を持ったNEC製PC-98001シリーズの事を指していました。そのシェアは90%を超える圧倒的なものでした。
 それが、IBM-PC互換のDOS/Vという規格が出現し、徐々に“国民機”のシェアは縮小していきました。
 しかし、DOS/Vが出現した当初は、日本市場の反応は冷ややかでした。国際標準であるDOS/V機を購入するのは一部のマニア層という状態が数年続きました。
 その後、Windows95の発売以降は、“国民機”は姿を消しNECでさえも国際標準機を販売するようになりました。

 この当時、私は織田原に任されて、所在地をアメリカとする無数のパソコン販売会社・無数の専門検索エンジン会社の経営に関わっていたので、「アメリカ市場の動向から考えても、“国民機”の終焉は時間の問題だ」と日本の経営者たちに説いて、取引先や子会社にはDOS/V機を勧めていました。
 しかし、その反応は芳しくありませんでした。もはや時代遅れの“国民機”を嬉々として使う人々が意外なほど多かったのです。
 一太郎とWORDのシェア争いも、似たような経過を辿りました。
 つまり、日本市場は一度ディファクト・スタンダード(事実上の標準)となった商品やサービスに関しては、盲目的な信頼感を置く傾向がある、ということです。
 そのディファクト・スタンダードが時代遅れになっても、しばらくの間はその神通力は薄れません。その法則を無視して、性急に新しい規格や新標準をPRしても、飛びつくのはマニア層だけです。ビジネスの鉄則は、売れる時期に売れる商品を揃える事です。時代遅れの商品でも、その需要があるうちは、それに対応しなくてはいけません。
 現在の日本の検索エンジン市場を眺めると、ディファクト・スタンダードは間違いなくYahooです。日本市場で広告・販売するなら、Yahoo対策を抜きには対処できません。

 上記のような経験から、私は短期間に日本国内市場でYAHOO!Japanの牙城が崩れることは無いと確信しています。しかし、長期的には逆です。いずれGoogleはYahooの弱点を嘲笑うように日本市場を征服するでしょう。検索エンジンを巡るシェア争いは、Microsoft社のMNSも含め、短期的には予想外の混沌が続く、と考えて下さい。

/井原
  1. 2007/09/22(土) 14:18:54|
  2. 風呂具・部ログ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

インターネットの基礎知識

 インターネットの基礎知識を得る際、インターネットで何ができるのか、というような知識が必要となります。そうなると、まず「IPアドレス」という言葉を覚えていただく必要があります。IPアドレスとは、インターネットやイントラネットなどのIPネットワークに接続されたコンピュータや通信機器1台1台に割り振られた識別番号です。インターネット上ではこの数値に重複があってはならないため、IPアドレスの割り当てなどの管理は各国のNIC(ネットワークインフォメーションセンター)が行なっています。
 インターネットなどのネットワークは機器間の通信には、IP(Internet Protocol)というプロトコル(通信規約)が用いられます。IPアドレスはこのIPで運用されるネットワークにおける個々の通信機器やコンピュータの住所のようなもので、現在広く普及している「IPv4」(Internet Protocol version 4)では、簡単に言えばIPアドレスに8ビットずつ4つに区切られた32ビットの数値が使われ、「211.9.36.148」といったように、0から255までの10進数の数字を4つ並べて表現します。単なる数値の羅列であるIPアドレスは、そのままでは人間にとっては覚えにくいため、コンピュータやネットワークに名前(ドメイン名やホスト名)がつけられている場合が多く、「DNS」(Domain Name System)などのシステムによってIPアドレスとの相互変換が行なわれているせいで、普段インターネットを利用する時にIPアドレスそのものを目にしたり、意識するような場面はあまり多くないのですが、これがネット上の住所なわけです。
 これが人間の静脈や瞳孔のように識別可能なオリジナル性を持っており、よほどのプロでない限りレプリカは出来ません。
 それから現在のIPv4では、32ビットの数値で識別できる上限である約42億台(2の32乗)までしか一つのネットワークに接続することができず(実際の運用ではこれよりさらに少なくなってしまう)、インターネットで利用するIPアドレスが足りなくなる、と警鐘を鳴らす向きもありますが、これは実情を知らない、または把握できていない人が主張しているだけです。実際には、企業など多くの機器を利用するところでは、組織内ネットワークでは自由にいくらでも使えるプライベートアドレスを使い、インターネットとの境界にグローバルアドレスとのアドレス変換を行なう機器を設置するといった運用方法が普及していますし、次世代のIPv6では128ビットのIPアドレスが使われ、単純計算で2の128乗、約340澗(かん)、約3.40×1038個のIPアドレスが利用可能になるため、IPv6に移行すれば当分のあいだIPアドレスが足りなくなる心配はないのです。また、そのような心配があるなら、いつでもそれに対応したシステムや環境を構築することは容易です。そのようなことは「ウェブの神」のような怪物(O氏やR氏)を担ぎ出さなくても、私のようなレベルの「人間」にでもできます。

テーマ:初心者のために・・・ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2007/09/06(木) 15:08:14|
  2. 風呂具・部ログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。